ドラねこ

アクセスカウンタ

zoom RSS #34 ケビンシュワンツ 21年ぶりの8耐出場

<<   作成日時 : 2013/07/09 22:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ケビンシュワンツが21年ぶりの8耐に
出るぞ!

2輪の世界最高峰のロードレースの
WGP1993年チャンピオンのシュワンツ。
1995年に現役引退後は、
大きなレースには出てなかった。
49歳、18年ぶりの大きなレース出場ですよ。

8耐は1992年以来。
数々のレースに勝ってきたシュワンツでも、
8耐では、1988年の2位が最高で、
取り損ねた8耐で勝ちたいのだとか。
ちなみに僕が唯一、シュワンツを生で見た
1992年の8耐は、バイクが不調で、途中リタイア。

アメリカ人のシュワンツは、
日本に縁が深い。日本のレースチーム、
ヨシムラ時代からスズキに乗り続けた。

WGPでの初優勝は、1988年の鈴鹿での日本GP。
WGPでの最後のレースは1995年の鈴鹿での日本GP。
鈴鹿での日本GPは、フル参戦8年で、4度の優勝。
それでも8耐では、優勝できていない。
もちろん、WGPは一人で走るのだが、
8耐は当時は2人のライダーで8時間走り、
途中ピットインをしたりなど、本人以外の要素は多い。

8耐では、日本の4大メーカでもある、
世界4大メーカが、全力で挑んでくる。
世界で活躍するトップライダーを呼び寄せてでも
勝ちに来てた時期がある。
まあ8耐で結果を出して世界に出て行った選手も
多いわけだが。

18年のブランクと、49歳という年齢で、
一体どれくらいのラップタイムが出せるのか。
今の8耐は、ライダー3人制になっているが、
チームとしては、8耐優勝経験のあるライダーが2人いて、
優勝の可能性も十分ある。
けど、シュワンツが足を引っ張る?
どのくらいのタイムで走れるのか、凄く気になるわけ。

それで、先週と今週に、鈴鹿での8耐の合同テストが
行われた。
シュワンツも参加して、
先週の時点では最終的に12秒台だってよ!
チームメイトの加賀山も、いきなりでそこまでのタイムが
出るとは思ってなかったのか、
世界チャンピオンをなめてた とか言ってたからね。
トップ選手が9秒台だから、差は大きいけど、
まだまだタイムは詰められそうだし、
現役でもだれでもが出せるタイムではない。
2012年の予選だと、21位に相当する。
今週のテストでもっとタイムを詰められれば、
十分戦えるよね?

ってことで、今のところ、8耐観戦に行く予定。
2008年以来。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
#34 ケビンシュワンツ 21年ぶりの8耐出場 ドラねこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる